米国VIベアETFについて初心者向けに解説【基本】

スポンサーリンク
米国VI VIX ベア ブル 戦略 指標VIX・米国VI 関連

こんにちは。たんす@tansu_toです。

米国VIベアETF投資を始める準備はできていますか?
投資を成功するために重要なことは、投資する商品の特徴や投資戦略を知っておくことです。
投資を始める前に少しだけ、米国VIベアETFについて勉強しておきましょう。

この記事は米国VIベアETFに投資を始めようとするVIX投資初心者向けの内容です。
小難しいこと、細かいことは放っておいて、まずは米国VIベアETF投資の全体像を掴んでいきましょう。
初心者が米国VIベアETF投資をするために最低限必要な知識をだけを記載しました。

この記事を読むことで次の3つが分かります。

  • 米国VIベアETFの概要
  • 米国VIベアETFの投資戦略
  • 米国VIベアETFの期待利益

この記事を書いた僕は米国VI・VIX関連商品に集中投資しています。
米国VIベアETFのトレードを失敗や成功を繰り返しながらも、少しづつ利益を増やしているところです。
これまでの経験をもとに記事を書いたので、きっと役に立つと思いますよ。

それでは早速見ていきましょう。

スポンサーリンク

米国VIベアETFって何?

米国VIベアETFの概要・値動きの特徴・過去のチャートの順に見ていきましょう。

概要

米国VIベアETFは米国NYSEで取引されているETF、プロシェアーズ・ショートVIX短期先物ETF(SVXY)をクリック証券でCFD化した商品です。
CFD化していますが、その性質や特徴はSVXYと同じ。
SVXYの性質や特徴をざっくり言うとロールオーバーを積み重ねるETF。SVXYを原資とする米国VIベアETFも同じ性質や特徴を持っているということですね

まとめ

  • 米国VIベアETFはSVXYのCFD
  • 性質や特徴はSVXYと同じ
  • 大元の原資はVIX

値動きの特徴

米国VIベアETFの値動きの特徴は、基本的に右肩上がりで推移するということ、上限がない青天井であること、VIXの-0.5倍の変動をするということです。
基本的に右肩下がりなVIXの反対の動き、いわゆる逆相関する商品ですね。
投資戦略を考えるなら、これら特徴を利用したらいいかなと思います。

まとめ

  • 値動きは基本右肩上がり
  • 値に上限のない青天井
  • 変動率はVIXに対し-0.5倍

過去のチャート

過去のチャートを確認してみましょう
値動きが同じなのでSVXYのチャートで見ていきます。
チャートはSVXVの上場2011年から2019年まで。
プロシェアーズ・ショートVIX短期先物ETFのチャート

SVXYが上場すると右肩上がりに上昇していることが分かります。
上昇は2018年2月まで継続し、557.88を付けた後に暴落しました。
暴落はVIXショックと呼ばれ、37.44まで低下という歴史的大暴落です。

VIXショックが発生した経緯は割愛しますが、米国VIベアETFには、この様な大暴落が起こる可能性があるのは覚えとくべきですね。
でも過度に恐れる必要も無いかなって。
VIXショックのような大暴落が起こることは稀なことです。

まとめ

  • 米国VIベアETFの最高値は557.88
  • 大暴落のリスクがある
  • 暴落ずることは稀

米国VIベアの投資戦略

米国VIベアETFの投資戦略は長期ロングが王道ですね。
どんな戦略なのか見てみましょう

長期ロング

米国VIベアETFの長期のロング戦略は、常に右肩上がりに変動する性質を活かして利益を積み重ねる戦略です。
小難しい技術は必要ありません。とにかく早く買ってVIXの性質を信じて持ち続けるだけ。
性質を利用した戦略なので、シンプルかつ堅実に利益を生める戦略ですね。

米国VIベアの期待利益

米国VIベアETFの期待利益率は長期ロング戦略を実行した場合、年間約30%程度。
控えめに言っても。
とはいえ現実には急な大変動に備えてロスカット値を下げるので、もう少し利益率は下がります
それでも十数%の利益率は可能ですし十分魅力的。

ちなみに米国VIベアETFを上場直後に買った場合、最大約18.4倍まで増えたようです。
今後も同じように増えるかは分かりませんが夢のある数字ですね。
安定した相場が長く続けば不可能ではないので、少額投資して数十倍になるのを期待するのも良いかもです。

チャートで確認してみましょう。
プロシェアーズ・ショートVIX短期先物ETFのチャート
すごい上昇ですよね!
2011年に30.36で始まり、2018年2月に557.88と約18.4倍!
普通に投資していたらありえない上昇率ですよね~

また長期ロング戦略であれば多少値が下がっても、時間を置けば高い確率でプラスになります。
これは右肩上がりに値が上昇する性質によるもので、他の投資商品との大きな違いですね。
近寄りがたい商品ですが、この性質は初心者にとても優しいものとなっています。

まとめ

  • 期待利益率は年間約30%
  • 現実的にはロスカット値を上げるため十数%
  • 当初の18.4倍まで増えることも
スポンサーリンク

終わりに

今回は米国VIベアETF投資の基本について説明しました。

米国VIベアETFは利益を得ることが難しくない商品です。
期待利益も大きく、初心者からベテランまで旨味を味わえます。
特にVIX投資初心者が投資するための条件が揃っているところが良いですね。

また、米国VIベアETFに慣れてから他のVIX関連投資にも挑戦するのがいいかもしれません。
他のVIX関連商品については別記事にまとめていますので、そちらを参考にして下さい。
米国VI投資の基本・戦略【初心者向け】

それでは、皆さんのVIX投資が上手くことを祈っています。

最後までお読みいただきありがとうございました。
この他にもVIX関連記事を書きましたので、よかったら参考にして下さい。

【初心者向け】米国VI投資の基本【始め方】
【VIX・米国VI】VIX投資に役立つ投資用スマホアプリ【必須】

コメント